アダルトチルドレンの人は認知の歪みが多くて冷静さを失うと自分を客観視出来なくなり自分の世界に入り込んでしまいやすい。アダルトチルドレンを克服するということは「認知の歪み」を修正するということなのです。

アダルトチルドレンの人は認知の歪みが多くて冷静さを失うと自分を客観視出来なくなり自分の世界に入り込んでしまいやすい。アダルトチルドレンを克服するということは「認知の歪み」を修正するということなのです。

アダルトチルドレンの人は認知の歪みが多くて冷静さを失うと自分を客観視出来なくなり自分の世界に入り込んでしまいやすい。まずは客観的に自分という人間を知ることで少しずつ改善することができます。

アダルトチルドレンの人は機能不全家庭で育った人です。機能不全家庭はその名の通りで家庭として家族として機能が不全だということ。そんな機能不全な家族に囲まれた家庭で育てばよほど恵まれない限り歪んだ考え方の癖が出来てしまいやすいものです。その歪んだ考え方を「認知の歪み」と言います。

つまり、子供らしく親を無条件に信じてきたことで歪んだ考え方の癖が出来てしまい、それが生きづらさの原因になっているということです。なので、アダルトチルドレンを克服するということは「認知の歪み」を修正するということなのです。

認知の歪み

 

「認知の歪み」を修正するには、まず認知の歪みには10パターンあるのだということを知ってください。パターンを知っていれば自分の歪んだ認知に気が付きやすくなります。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

コメントを残す(あなたのSNS垢やブログURLの記載OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)