アダルトチルドレンの人は自分を肯定出来ません。無意識(潜在意識)レベルで「否定されることが癖」になっている場合があります。

アダルトチルドレンの人は自分を肯定出来ません。無意識(潜在意識)レベルで「否定されることが癖」になっている場合があります。

アダルトチルドレンの人は自分を肯定出来ません。肯定されず否定ばかりされて育ったので無意識(潜在意識)レベルで「否定されることが癖」になっている場合があります。だからこそ自分で自分を肯定しありのままの自分を好きになり受け入れていっていいのです。

しかし、その無意識(潜在意識)レベルの癖というのは本当に強力です。変えたいと思って自分を肯定する思考をしてもすぐに否定的な思考が自動で浮かんできてしまいます。

その無意識(潜在意識)レベルの強力な癖に打ち勝てるかどうかが大事なポイントです。つまり、無意識(潜在意識)レベルの強力なマイナス思考の癖よりも、圧倒的なパワーで肯定的な思考をする日々にしていけるかどうかということです。

日々、しっかりと肯定的な思考をして生活していけば、それはやがて習慣になります。習慣になってしまえば変わることが可能です。

その習慣を早く変える方法はないのか?と思ってしまう人もいると思います。実は、あるんです。それが「催眠療法」というものです。催眠療法を使うと、無意識(潜在意識)にアクセスすることが出来るので、書き換えることが可能なのです。

それについて、興味があるなら以下の記事を読んでみて下さい。

催眠療法士の橋本奈美さんの【SHIP】は、本当の自分と繋がって人生を変えることが出来る方法!アメリカでは既に「医療」として「正式」に認められて「効果も実証!」本格的な催眠療法!

 

 

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

アダルトチルドレンの人は自分を肯定出来ません。無意識(潜在意識)レベルで「否定されることが癖」になっている場合があります。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
アダルトチルドレンの人は自分を肯定出来ません。無意識(潜在意識)レベルで「否定されることが癖」になっている場合があります。

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)