モラルハラスメントの被害者は「わたしの思い込みではないだろうか?」という思い込みが強く、なかなか周囲

モラルハラスメントの被害者は「わたしの思い込みではないだろうか?」という思い込みが強く、なかなか周囲に相談し辛いということがあります。特に家庭で行われるモラハラの場合は実の親に相談しても理解されないことが多いとされています

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

新着記事読者登録