みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

白い肌の色を馬鹿にされて

モラルハラスメント界から抜け出したいなら
「心の問題」を解決することが大切です。
サヨナラ・モンスター

私が高校生だった頃、野球部に在籍していた。
私の高校の野球部は、当時かなりの強豪で、平日は早朝と夜間、土日は朝から晩まで猛練習をしていた。
高校に入学した時、私は色が白かったので、先輩や同級生、果ては監督からも白人などと揶揄されて、大変なショックを受けていた。特に補欠の先輩からの中傷は酷く、同級生からも、「お前のような色の白い奴が、何でうちの野球部にいるんだよ。」などと馬鹿にされ、まだ16歳の少年だった私は、心に大きな傷を負っていました。
野球なんて辞めてしまおうと、何度も思って大部届けを出そうとしたが、その度に、毎日弁当を作ってくれる母のことが脳裏をよぎり、提出を思い留まっていた。
馬鹿にされても、ただただ猛練習に参加し、真っ黒に日焼けする周囲を羨ましく思いながらも、私は日に焼けない自分の肌を憎みながら、レギュラー奪取に、甲子園出場へと意欲を燃やし、歯を食いしばって全てに耐えた。
一生懸命練習する姿に、やがて私を理解してくれる仲間も増え、応援してくれるクラスメイトも出てきた。
担任の先生に、悩みを打ち明けると、「そんなことは気にするな。お前は一生懸命、毎日練習しているじゃないか。勉強だって頑張ってる。全てにがんばるお前の姿を馬鹿にする奴なんて、放っておけばいい。意識するなと言っても難しいかもしれないけど、野球は肌の色でやるスポーツじゃない。実力があればプロへだって行けるんだ。実力だ。頑張れ。」と、心からの励ましをしてくれた。
担任の先生の励ましが、私には最も励みになった。
監督は、私を呼ぶとき、「そこの白いの!」と言っていた。私にはとても辛い言葉だったが耐え抜いた。「早く監督に名前をきちんと覚えてもらい、レギュラーになろう。そして白いのなんて言わせないようにしよう。」私は、心にそう誓った。
私の高校には、スポーツセレクションがあったが、私は一般入試で入学し、野球部に入部したので、監督にはなかなか名前を覚えてもらえなかった。
やがて、レギュラーに近づくきっかけが、私に回ってきた。夏の甲子園予選、初戦で対戦する投手が左投げだった。私は左投げ左打ちだったので、監督から、「そこの白いの!投げてみろ」と言われ、レギュラーバッティングで登板することになった。私は中学時代、無名だったが強肩で鳴らした投手だった。地元では有名だった強打者達を、三振の山、凡打の山に打ち取った。後で知ったが、レギュラーの打撃を視察に来ていたプロのスカウトのスピードガンは、150キロを越えていたそうだった。そして、私の投球に驚き、なぜレギュラーどころかベンチにも入っていないのかと、監督に聞かれたそうだった。
その後、監督に名前を覚えてもらい、「白いの!」などと言われなくなった。
その年の夏は間に合わなかったが、秋から私は豪腕エースとなり、甲子園に夏2回、春1回出場することが出来た。プロからのスカウトも来たが、大学へと進学した。当時のスカウトにも肌の色のことを話したが、「何を馬鹿なことを言ってるんだ。関係ない。」と言われた。生きる上で、とても大きな自信に繋がった。

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。
Return Top