みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

モラル・ハラスメントの世界は嘘と矛盾に満ちた世界
自分が自分に対しても「嘘」をついている世界
抜け出すには「本当の自分の感情」を感じていくことが大切
→ 「感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ」 ←

家庭内、職場内、仲良しグループ内でもモラハラは行われている

モラルハラスメントというのは暴力を奮わない陰湿的ないじめや嫌がらせのことです。
陰湿的に行われるということもあり、主に家庭内で使われることが多い言葉です。
似たような言葉でパワーハラスメント(パワハラ)という言葉がありますが、パワハラは他人がいる前でも平気で嫌がらせをしますが、モラハラは他人のいない所、ターゲットとなる被害者と一対一の状態で嫌がらせを行います。
家庭内での嫌がらせと言うと、よくドメスティックバイオレンス(DV)が語られることがありますが、DVとは異なりモラハラの場合は手を挙げたりと暴力を奮うことは一切ありません。
怒鳴り声を挙げることも稀であり、淡々と嫌味なことを言い続けたり無視したりと相手が嫌がるような態度を取り続けます。
先程主に家庭内でモラハラという言葉が使われることが多いと書きましたが、モラハラは家庭内だけで行われているわけではなく、職場内や学校内、あるいは友人グループの間でも行われていることもあります。
パワハラをする人とモラハラをする人の違いですが、モラハラをする人は自分の評判が下がることを恐れています。
パワハラ加害者は誰が見ていても嫌味を言いますが、モラハラをする人は嫌味を言っている所を他の人に見られて「この人は性格が悪い」と思われることを恐れるのです。
その為他人がいない所で被害者に対してだけ嫌味を言ったり嫌な態度を取るのです。
最近ニュースでよく聞くのは「LINEいじめ」という言葉。
子供達の間で今問題になっているそうですが、このLINEいじめという物もモラルハラスメントに分類されるタイプのいじめになります。
対面ではないものの、LINEも一対一で行うものなので、「キモい」「死ね」など他の人には聞こえないように中傷したい相手にだけ嫌味を言えるのです。
LINEにはグループ機能というものもありますが、グループ機能を使って集団でモラハラをしている場合もあるようです。
モラハラ加害者は絶対に一人というわけではなく、数人がグルになっていることもあります。
他の人達から見たらいつも一緒にいる仲良しグループにしか見えないのですが、他の人がいない所では一人の人を中傷したり、集団で無視したりするのです。
家庭内であっても職場内であっても仲良しグループ内であっても、いずれも陰湿的に嫌がらせを受けているので被害に苦しんでいる人は誰にも気付いて貰えず一人で抱え込んでしまうことが殆どです。
苦しんでいる時は一人で抱え込まずに、気の許せる相手に話を聞いて貰うことも大事です。


潜在数秘術 初級動画セミナー。自然に自分の能力を発揮しませんか?

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。

質問する

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top