機能不全家庭で育つと、自分でも知らない間に「不幸になる選択」をしてしまうことが多くなる

機能不全家庭で育つと、自分でも知らない間に「不幸になる選択」をしてしまうことが多くなります。それは、機能不全家庭で不幸になってしまうような考え方の癖などが身についてしまっているからです。ですので、これに気づいて、修正する。気づいて、修正する。これが大切なことです。

不幸になってしまう選択を無意識のうちにしてしまうのは、無意識レベルにある「まとまり」に促されているからなのです。サヨナラ・モンスターでいうところの「モンスター」です。この「根本」である「まとまり」を小さくするが、「不幸が減る」ことに繋がっていることなのです。

この「まとまり」には「歪んだ認知」があり、この歪んだ認知のよって、マイナスに感じなくても良いことでもマイナス感じてしまい、マイナス感情が発生していることもあります。ですから「認知の歪み」を修正することも、とても大切なことなのです。この「まとまり」に深い関係があります。

認知の歪みを修正していくには有名な認知の歪み10パターンを参考にするとよいです。(https://bright-ms.net/post-642/)こちらの認知の歪みを修正しようとしてもどうしてもやる気が出ない…、という方は「サヨナラ・モンスター」がおすすめです。サヨナラ・モンスターは別方向からアプローチしています。

「”サヨナラ・モンスターのツールを使っていると認知の歪みが修正されることもあります。認知の歪みの修正が苦手な人でも、このツールの方法ならば修正されやすくなる場合もあります。(認知の歪みが修正されやすい仕組みで考えて制作した)”」


取り組んでいると認知の歪みが修正されやすくなる。

機能不全家庭で育ったことで身についてしまった歪んだ認知、考え方の癖、価値観などは、「自分を更新する」ことで変えていけます。自分を更新するには、新しいことを知ることと、サヨナラ・モンスターの中でお伝えしていることを併せて行っていくと更新されていきます。そして変化が起こります。

そして、本当の自分を生きていこうとし始めた時に、自然と自分なりの「表現」が出てくることがあります。その「表現」には、「心の傷」を癒す作用が隠れています。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

機能不全家庭で育つと、自分でも知らない間に「不幸になる選択」をしてしまうことが多くなる
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
機能不全家庭で育つと、自分でも知らない間に「不幸になる選択」をしてしまうことが多くなる

あなたの評価が他の方にも役立ちます!
この記事はお役に立てましたでしょうか?
評価後Twitter等でシェアしていただけると嬉しいです!

0
Category :

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)