みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

モラル・ハラスメントの世界は嘘と矛盾に満ちた世界
自分が自分に対しても「嘘」をついている世界
抜け出すには「本当の自分の感情」を感じていくことが大切
→ 「感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ」 ←

モラルハラスメントはとても怖いです

私は妻の親からモラルハラスメントを受けて、 下手すれば、洗脳されていたところでした。妻の実家はとても田舎であり、未だに跡継ぎやら、長男やら、地域の行事や、世間にやたらと敏感な方々でした。結婚し、家も車で30分くらいのところにあったことから、頻繁に会う機会がありました。そんな中、妻の親のモラルハラスメントが始まりました。一見すると、良い親に見えるかもしれませんが、実態はとんでもないものでした。毎日のように仕事終わりに私達の住むアパートに来て、野菜を持って来たり、お菓子を持って来てくれたりして、それはそれで助かったのですが、さすがに毎日来られるのはなと思いました。妻の親の妻への愛情だと私は感じていました。妻が妊娠し、実家へ帰っている時に、私も自分の実家に戻っていたのですが、その時に、家に帰ると、妻の父親らしき人の車とすれ違いました。私は何だろうと思い、妻に連絡すると、妻の父親は、毎日仕事帰りに、私がきちんと実家に帰って来ているか、遊びに行っていないか、監視に来ていると言うことでした。わたしは流石に怖くなり、気持ち悪く感じました。子供を産み、妻と私がアパートに戻ると、家に来る回数が大幅に増えて、休みの日は、昼間に来て、夜も来てなどを繰り返し、出掛けて帰ると、アパートの前で待っていることもありました。妻にちょっと異常ではない?と聞くと、心配だからだよと言うだけでした。そして、あろうことか、妻は私の家にお嫁に来たのに、節句などのイベントを仕切り出し、自分の家の家紋の入った服まで着せ始めたのです。私は流石にそれはないと思いました。挙句果てには、妻に兄がいるのですが、子供がおらず、もし、妻の兄に子供が産まれなければ、私の子供を引き取って、養子にした跡を継がせるとまで言い始めたのです。私は養子に出すことは絶対にありませんと言うと、突然怒り出し、この家がここで終わっても良いのかと怒鳴り、そんなの私は知りませんというと、生意気だと言い、今まで散々支援してやったのだから、そのくらい当たり前だと言われました。そこで私はピンと来て、この人達が今まで色々してくれたのは、支援でなく、支配したからなのだと思いました。そこから妻の親の嫌がらせが始まりました。妻の家に行くと、私だけ明らかに量が少なかったり、一品少なかったり、小さな嫌がらせから、お歳暮で贈ったものを、わざわざ支援と言い持って来たり、賞味期限切れのビールを持って来たり、本当に小学生みたいな嫌がらせをして来るようになりしました。私はこんな陰気臭い嫌がらせが大嫌いなので、妻の家に怒鳴り込み、胸ぐらを掴んで、これ以上なめたことしやがったら、ただじゃおかないからなと、出てきました。それからしばらく大人しくなりましたが、あの時私に殴られたなどと、嘘の噂を広げ始めていたのです。私はもううんざりして、妻に私はあなたの親に付き合いきれませんので、絶縁させていただきますと言い、妻もモラルハラスメントを見ていたので納得しました。

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。
Return Top