みんなのモラルハラスメント情報

みんなから聞いたモラハラ情報!つきまとい、人格破壊、村八分、隠蔽、巧妙、美徳による支配、精神的な嫌がらせ

モラル・ハラスメントの世界は嘘と矛盾に満ちた世界
自分が自分に対しても「嘘」をついている世界
抜け出すには「本当の自分の感情」を感じていくことが大切
→ 「感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ」 ←

モラルハラスメントを体験して

モラルハラスメントとは、周りや同僚のハラスメントですし、上司に相談できないことも多いです。
しかも、女性だけの職場だと、モラルハラスメントは多いです。

現代だけでなく、昔からモラルハラスメントとされていない言葉となっていない時代でも、周りや同僚からの苛めはありました。
理由も分からずに無視されて、仕事内容も雑用ばかりが多いなど、自分の存在を無視した行動もあります。

又、暴言もあります。知らない間に勝手な噂話が広がっていたりと、本当に心身共に疲れるほど、理由が分からないので、あきらかに目に見える苛めよりも苦痛があります。最初は、気にしないのが心身の為によいと感じますが、仕事時間ずっと、たとえ、年数にしたら耐え難いものがあります。人として人間として、尊重されているのだろうか?と疑問点がありますし、言動の発言もできない状態が続くと精神的にも、独りごとを言うようになります。

どうせ話しても相手にして貰えないと分かってくると余計に独り言をいうようになります。
皆が楽しく話していると、おかしいと思えてきます。皆も苦しい思いをさせたいと感じるようになります。
仕事とは楽しいものではない。と皆も仕事中、コミュニケーションを一切取る必要がないと感じます。

一切、コミュニケーションを取ってもらえなくなると、やはり人間ですし、意見や少し、世間話もしたくなるのが人間ですし、仕事中であってもある程度は、仕事内容であってもいいと感じます。それも出来ない職場だと苦痛感と圧迫感が募りますし、日々、恐怖感と向き合って、仕事しているので精神的に、とても疲れます。

時々、頑張ろうね。など、掛け声があると、どんなに辛い仕事内容であっても頑張れるだろうし、そんな話し合いもできない職場で仕事してましたが、人間ですし、いつかは、疲れて仕事を続けていけない状態となります。
どんな仕事内容であっても尊重されて、この仕事が好きと言えるのではないでしょうか。
体験上、真面目で愚痴を言わない人ほど、陰で色々なことを言われています。

聞いてしまうと、もっとショックで仕事に差し支えるので聞こえないふりするのが賢明ですが、聴こえるようにわざと大きな声で言う人もいます。

人の悪口を言っている時間、給料泥棒だと感じるのですが、人のすることをじっと監視している人も非常に厄介です。
この時とばかり叱るのですが、叱る人と叱らない人の不公平さが納得できないので、これは、モラハラに該当すると感じたりします。

酷い場合は、仕事は一人で出来るようになりますが、孤独感と孤立感から、病気を発症する場合もあります。
私の場合、軽い状態ですが、誰も信用できない状態となりました。誰ひとりとも、話すことも許せないし、話す内容に気を付けるようになりました。人と話すことをしなくなりました。必要以上の話だけにして、それもしかも敬語もなく、人として、尊重できない状態となってきます。早く見切りをつけて辞めるべきだったと今からすると悔しい思いで一杯です。

その間、精神的苦痛も大きい状態でうすし、本当に毎日、辛い状態でした。憂鬱感と脱力感と失望感で一杯でした。
それでも唯一、家族のために働いていたので、家族の為に頑張ろうと一生懸命でした。家族だけが私の生き甲斐でした。
人間は話す動物であり、話す権利もありますし、話する人間ですし、それを失ったら、人間らしく生きていけなくなってきます。

仕事の時間ずっと孤独感と孤立感があると、いつも緊張状態の中で仕事したら、人間は自律神経が機能しなくなってきます。

体温調整もできない体となってきました。長期間のストレス状態に置かれると、どんなに強い人間でも耐えることが出来なくなります。

仕事とプライベートをメリハリ付けるように仕事中でも仕事の中でも、少しリラックスできる空間がないと人間が潰れてしまいます。徐々に、仕事に対する向上心もなくなりました。徐々に、仕事もこなすことが苦痛になってきます。

寄稿者情報

管理者(みんなの投稿)
モラルハラスメントの深い支配を経験した管理者がモラルハラスメントの複雑な支配から抜け出すことが出来たのは「知ること(新しい情報に触れる)」によってです。

このブログは「みんな」から集めたモラルハラスメントに関する体験談や情報などを掲載しています。

モラルハラスメントは”わかりやすい”ものから”わかりにくいもの”まで様々です。わかりにくいモラハラの場合は「どのように支配されたのか…」を知らないと抜け出せないこともあります。

他の人の情報に触れることで「抜け出すキッカケ」となることもあります。そんなキッカケになれるブログであると嬉しく思って情報を公開しています。このブログは「支配されている人が支配されない自分(本当の自分を生きる)」になれるように願って運営されているものです。
Return Top