モラルハラスメントをしている人が毎日しているのか?と言われたらそうとも限りません。例えば職場の売り上

モラルハラスメントをしている人が毎日しているのか?と言われたらそうとも限りません。例えば職場の売り上げが多かった日や、贔屓している野球チームが勝った時などは機嫌が良くなるのでモラハラをしないこともあります。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

新着記事読者登録