部下からのモラルハラスメントについて

私は今年から部を任せられることになり、とても嬉しく、頑張ろうという気持ちになっていました。しかし、そこにいる50代のおばさんがとんでもない人だったのです。綺麗な顔をしているのに独身で、最初は普通の人だと思っていたのですが、とんでもない人でした。私は30代の男性で、年齢的にはそのおばさんより年下ですが、立場的に上です。そのおばさんを仮にAさんとします。他の人からAさんが無視する、挨拶もしない、物に当たって怖いなどと、他の部下からクレームが入りました。私には一切そんな姿を見せませんので、まさかそんなことするはずがないと言うと、上司の前と同僚の前では二重人格のように人が変わるんですと、5人くらいに詰め寄られました。私は話を聞こうとAさんにこう言う話があるのだと言うと、そんなことはしていませんと返されました。実際現場を見ていないので、あまり強くは出れなく、その場を終えました。しばらくして部下に話を聞くと、やはり変わってなく、仕事を辞めたいと言う方まで現れました。そこで私は隠れてAさんを見張ることにしたのです。すると、Aさんはいじるな姑のように、人のアラを探し、ネチネチ大声で怒鳴っていました。私はこんな人だったのかと衝撃を受けて、その場で出ていき、Aさん言ってることは正しいかもしれませんが、言い方は間違っていますと怒りました。すいませんとその場は収まりましたが、次の日からターゲットに私になりました。他の社員はよく言ってくれましたと私を褒めましたが、Aさんは次の日から私にも挨拶をしなくなりました。話しかけても完全に無視、何時に来てください呼び出しても、呼び出しにも応じず、私は困り果てました。あまり強く怒ると他の部下に当たると言う話も聞いていたので、どうしたら良いか分からなくなり、私のさらに上の上司に相談しました。私の上司もAさんと面談したのですが、そんなことはしてませんの一点張りであり、結局効果はありませんでした。段々とエスカレートしてきて、自分やりたくない人と組まされると怒り出したり、自分のやりたくない仕事があれば怒り出したり、もうAさんの感情優先の仕事となってしまったのです。このままではいけないと思い、他の部下を集めて、やられたことは全部メモを取り、動画も撮れたら取ってくださいと命令を出しました。もう上司に分かってもらうには、映像を撮って証拠を見せるしかないと思いました。一か月ほど経ち、溢れるばかりのメモと怒鳴っている録音を撮ってくれて、上司に相談に行きました。すると上司は本気になって怒り、Aさんは別部署に異動、異動先でも何かあればまた異動という罰を受けました。まさか自分がこんなモラルハラスメントを受けるとは思いもしなく、しかも部下にされるとは情けないとは思いましたが、今は楽しく働けているので、とても良かったです。モラルハラスメントは本当に怖いので、出会う人の運もありますが、気をつけましょう。

自分の力で解決するからこそ「本当の解決(被害者からの脱却)」が出来る!
1、理解〜対策
2、自分の反応を知る
3、自分を取り戻す解決策
こちらの優良健全教材の3つの具体的なステップ
モラハラの苦しみから解放されるために【重要】
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】

【無料】読者登録(新着記事をお届け)