モラル・ハラスメントを禁止する

フランスでは職場におけるモラル・ハラスメントを禁止する法律が制定されたそうです。
というか、モラルハラスメントは世界的に問題になっているみたいです。
確かにモラルハラスメントははたから見てもみっともないものです。
でも、みっともないと感じるせいでしょうか。
モラルハラスメントの加害者は表面上をとりつくろうんですね。
「えっ、あの人が、」、なんて言われるのが、モラルハラスメントの加害者の一番、嫌がることなんですね。
何故なら、モラルハラスメントの加害者は自分のやり方が一番、そう思っているんですから。
モラルハラスメントは決して、許せるものではないんです。
そのためには何をすべきなんでしょう。
確かにフランスのように法律で制定するのもいいかもしれません。
逆に法律で制定された場合、モラルハラスメントの行為そのものが地に潜ってしまうのではないでしょうか。
モラルハラスメントはいたるところで発生していると思うんですよ。
フランスでは職場に発生するモラルハラスメントを抑えることはできるようになったかもしれませんが。
家庭とか、学校とかではどうなっているんでしょうか。
といっても、フランスと違って日本では法律自体、ないのではありませんか。
ぶっちゃけ、その手の話題は聞きませんし。
事件が起きてからでないと周囲に気づかれないんです。
一体、日本ではモラルハラスメントってどう認識しているんでしょうか。
一応、調べてみました。
確かに相談に乗ってくれるサイトとかがあるみたいです。
とはいうものの、結果的、ネットを利用しない人に対してはどうなんでしょうか。
いくら、インターネットが普及しても利用しない人もいるわけです。
この場合はどうなっているんでしょう。
周囲の人が気づく以外、方法がないのではないでしょうか。
ここは一つ、自分には関係ないとしてもモラルハラスメントの知識を持っている必要がありせんか。
しかし、あまりにもモラルハラスメントに気を取られて相手の理解を見失ってはいけないと思うんです。
何故なら、モラルハラスメントの加害者は被害者を束縛します。
被害者を束縛するためには手段を選びません。
なので場合によっては最悪な事態を招いてしまうかもしれません。
それだけでなく、自分もモラルハラスメントの被害者になる可能性もあるんです。
なので、被害者を救済したいというなら慎重に行動しましょう。
というか、被害者だけでなく加害者も救済しないとモラルハラスメントは解決しないんです。


潜在数秘術 初級動画セミナー。自然に自分の能力を発揮しませんか?

悪い暗示にかかりやすいマヌケな人たち(第二版)
間抜けな彼らは何でも鵜呑みにして、悪い暗示に気づかずにコントロールされていく…
マヌケだから暗示にかかる!? モラルハラスメントを行う者たちの世界には、悪い暗示を使い、相手を不幸へと誘導している者もいる…。そして間抜けな人たちは、何でも鵜呑みにして、噛み砕いて消化もせず、確認もせず、そして期待して、挙句の果てには「駒」にされて、そして煽動されてしまうこともあります。そうなってしまう原因の1つは「マヌケ」だからです。これは悪口を言っているのではありません。悪い暗示は、例えるなら、泥棒やネズミの侵入のようなもの。あなたが、自分を生きていきたいのなら、この本に書いたことは、必ず、知っておいて欲しい。僕自身が「間抜け」だったからこそわかったことがあります。このことの大切さを知ってほしい……と強く思います。心理的な虐待者がいる機能不全家庭や、悪質巧妙な手口を駆使するモラルハラスメント加害者がいる環境、或いは、日本ではまだ認知度が低いガスライティング加害者(ソシオパス等)がいる環境では、周囲の人が気づけないレベルで悪い暗示が飛び交っていることがあります。そんな悪い暗示で「ダメ」にならない為に大切なこと(知っておいたほうがよいこと)を書きました。
悪い暗示に気づき、解く方法!(悪い暗示に気づく簡単なワークつき!)
この本の詳細はこちら(確認する)

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)